プラタナス・ネットワーク
 
home
プラタナスネットワーク
用賀アーバンクリニック
桜新町アーバンクリニック
松原アーバンクリニック
鎌倉アーバンクリニック
プラタナスの広場
メディカルナビ
Staff募集
自宅療法
ひきつけ(けいれん発作)
症状がみられる間は
転倒して、頭を打撲しないようにし、周りにある、机や尖ったものに気を付けて下さい
息が楽にできるように下記を行ってください
   ・体を横向きにし、よだれが流れ出やすいようにして下さい
   ・吐いた時には、吐いた物をかき出して下さい
   ・首を後ろに倒し口をゆっくり開いておくようにして下さい
舌を噛むことは殆どありませんので、箸などを入れないように
薬、食物、飲み物を与えないように

症状が治まった後は
熱が原因の場合、熱を下げることを試みてください。ぬるい湯をスポンジにふくませ、体を拭いて下さい。アルコール、風呂、氷のうは体温を急激に下げるため、使わない方が良いでしょう
けいれん後は眠たくなります。けいれんが生じた後、子供は何も覚えていないかもしれませんが、これは異常なことではありません
軽いゆるい服を着せて下さい。涼しい部屋で寝かせて下さい
けいれんを起こしたことを、次回の診察の時に、医師にその旨伝えて下さい

予防のためには
けいれんの予防には、子供の熱を下げることが有効です
子供の服をゆるめ、涼しくさせます
医師から解熱剤を処方してもらいます
ぬるいお湯で体を洗います
アセトアミノフェンを投与します
(アスピリンは死亡事故に繋がる危険性があるため、医者の指示がない限り、19歳未満の患者に与えてはいけません)

緊急時・・・救急車到着までの間
呼吸が楽になるような姿勢をとらせたり、
呼吸・脈拍停止が認められるようであれば心肺蘇生を行ったり、
気道に異物が詰まって呼吸ができないようならハイムリッヒ法(注)を行ったり、
 といった緊急処置が必要になる可能性もあります。
 これらの詳細については、予め知識として知っておくことをお勧めします
戻る