プラタナス・ネットワーク
 
home
プラタナスネットワーク
用賀アーバンクリニック
桜新町アーバンクリニック
松原アーバンクリニック
鎌倉アーバンクリニック
プラタナスの広場
メディカルナビ
Staff募集
自宅療法
下痢
症状がみられる間は
十分な水分を与えて下さい(欲しいだけ、与えて下さい)
赤ん坊には1時間に50cc(1/4カップ)
1〜5歳には、1時間に100cc(1/2カップ)
それよりも大きな子供には1時間に200cc(1カップ)

与える水分として、清潔な水以外で適しているものは下記の通りです
スポーツドリンク(ポカリスエット、アクエリエス等)
澄まし汁、スープ
水でわった炭酸水
薄いお茶に砂糖を入れたもの
ゼリー(但し、赤色のものは便に混ざると血に見えるので避ける)
砂糖を小さじ5杯、塩を1/2杯、4カップの水に解いたもの

(注意)水だけより、水に何かが加わっている方が望ましいです。熱すぎる、もしくは冷たすぎる飲み物は避けましょう。固形物や,母乳以外のミルクを与えてはいけません。りんごジュースは症状を悪化させるので、与えてはいけません

症状が治まった後は
症状が緩和したら、食事を与えてください。熟したバナナ、おかゆ、すりりんご、パンなどからはじめて、ゆでたジャガイモなどの柔らかいものを与えましょう。ミルクや普通の食事は1〜2日は控えた方がよいですが、母乳は与えても大丈夫です。食物繊維の多い食べ物や生の野菜、フルーツ等は下痢が治まるまで控えましょう。

下痢が完全に止るまで、運動は控えましょう。サリチル酸を含む市販薬は与えてはいけません。アスピリン同様、死亡事故に繋がる危険性があります
戻る